読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めあとるーむ日記帳

なんか書く

Google App Engineのリポジトリがクローン出来なかった

Google Cloud Platform

解決した。どうやらgitの設定が悪さをしていたらしい。

単純に解決法はこれ

groups.google.com

stackoverflow.com

コマンドだけ先に答えを書くなら

> git config --list --system

credential.helper=manageがあったら

> git config --system --unset credential.helper

を打ってcredential.helperの設定を消してあげるといい。あとはgcloudのコマンドを入力するとクローン完了。


で、ここまでやって解決法のリンク張るだけだったらちょっとあれなので原因追及。 というか解決できずあれこれ探してたら見つけたcredential.helperについて調べた。

credentialという言葉が信任状とか証明書とかその辺の意味なので言葉通り認証関係の情報を扱う設定のよう。

Windowsの場合はGit Credential Manager for Windowsがあるらしく、これがそのcredential.helperを設定していたっぽい。

ちなみに役割としてはリモートリポジトリにアクセスする際の認証情報をWindowsの資格情報マネージャーに保存するもの。 Visual Studio Onlineのサービスなどでも使用されてる感じ。

gcloud source repos clone hogehogeのコマンド自体は中でgitが動いているだけなので、おそらくそこの認証情報を勝手に解決しようとする動きが今回の原因の模様。

設定は1つ消したわけなので、ひょっとしたら今後のgitの使用の際に引っかかる可能性はある。覚えておこう。